弁護士に相談する理由

普通に生活をしていると、弁護士に相談したり依頼したりすることはほとんどありません。しかし普通に生活していた人でも、離婚という問題に直面した時は、弁護士の力を借りないと解決できないこともあります。弁護士の力が必要になるケースは、いろいろありますが、最も多いのが離婚に関するトラブルです。離婚する時に必ず弁護士に依頼しなければいけないというわけではありませんが、トラブルを避けたいという理由で何もせず離婚に応じてしまうと、損をする可能性があります。

離婚に至るまでの経緯や理由はそれぞれ違いますが、離婚に関するトラブルの原因で多いのが、お金と子供、男女関係のもつれです。結婚して夫婦になるということは、役所に婚姻届を不提出し、正式な夫婦となる契約を結ぶのと同じですから、特に契約書を交わしていなくても、夫婦関係を継続できない理由が生じれば、離婚に発展しかねません。

離婚する場合は、離婚届を提出すれば手続きは終了し、夫婦ではなくなります。しかし財産分与や子供がいる場合は子供の親権や養育費、どちらかが浮気をした場合は慰謝料が発生するのでお金の問題で揉めるケースは少なくありません。こういう時、素人ではなかなか解決できないので、弁護士の力が必要です。弁護士に依頼すると、高い費用がかかるイメージがあり気軽に依頼できませんが、妥協してしまう後からもっときちんとしておけばよかったと後悔しないよう、きちんと弁護士を立てて話し合いをすることが大切です。