協議離婚について

離婚をするにあたり十分な話し合いをして、お互いが納得して蟠りが残らない状態にしてから離婚届けにサインすることを、協議離婚といいます。円満離婚とも言われますが、話し合いをするにしても、裁判所を通さずお互いが納得できるような条件に至るまでは、十分な話し合いが必要です。子供がいる場合は、子供の親権や養育費の問題も話し合わないといけません。

また、話し合いで決まったことは、口約束では後から何とでも言い逃れできてしまうので、きちんと書面に残しておく必要があります。協議離婚の場合は、離婚協議書という書類を作成し、これに執行力を持たせるために公正証書を作成します。公正証書を作成せず、離婚に応じてしまうと、後から話が違うとなった場合、書面があっても執行力がないと意味がありません。こういった書類を作成するにも、弁護士の力が必要になります。

協議離婚の場合は裁判をせず、双方の話し合いで離婚をするので、費用が安く済むのがメリットです。ただし離婚協議書作成は弁護士に依頼するので、公正証書を作成する費用がかかります。かかったとしても裁判費用よりだいぶ安く済みますし、話し合いに弁護士が間に入るので精神的な負担も軽減されます。