調停離婚について

離婚をするにあたり、まず話し合いをします。話し合いで離婚できればいいのですが、お互いの意見が食い違い話し合いでは解決できない場合は、調停に持ち込むことになります。これを調停離婚といいます。まずは、離婚調停の申し立てが必要ですから、いきなり裁判所に行って裁判をして欲しいと訴えても応じてもらえません。

離婚調停の申し立ても弁護士が代行してくれますし、専門的な知識を持った専門家に依頼すれば、面倒な手続きも全てやってもらえますし、裁判になった時も心強い味方となってくれます。実は離婚調停は弁護士なしでも申し立てや手続きはできます。しかし調停委員に離婚したい気持ちをアピールするには、弁護士のサポートがあった方が有利とされています。

協議離婚が成立せず、調停離婚となった場合は、高い費用がかかるイメージですが、費用がかかるのは調停離婚でも解決せず、裁判に持ち込む場合です。中には調停離婚が成立せず、裁判に持ち越されることもありますが、調停離婚で解決すれば費用負担は少なく済むので、早期解決を望む場合は、弁護士を立てて調停離婚をするのが一般的です。もし相手が条件に応じない場合も、弁護士が説得や話し合いをしてくれるので、裁判を回避できる可能性は高くなります。